独り言

3月6日(金) 広報でお世話になった大角さんへ

精力的に広報活動をしイベント開催を促進していた我が師 大角憲治さんが2020年3月4日(水)14時に亡くなりました。59歳の誕生日を目前にした早すぎる死に驚きを隠せない北海道会員の方も多くおられる事と思います。このHPを引き継ぎ、取材先で皆さんに顔を覚えて頂く事の幸せを噛みしめながら、微力ではありますがこれからも北海道の吹矢を盛り立ててゆけたらと思います。ご冥福をお祈り致します。合掌

2月8日(土)大雪に見舞われた札幌周辺

「少雪」と喜んでいたのもつかの間、あっと言う間に例年に近づく積雪を記録した札幌。一晩で30cm以上も積もった日もありました。排雪されない路肩の雪山が車線を狭め、車同士がすれ違えなかったり、見通しが悪く歩行者が見えにくかったり、と歩行者も運転者も十分気を付けなければ危険です。(2月)12日頃からは気温が上がるとの予想もちらほら。早く溶けて欲しいですね。

1月吉日 雪のない令和2年冬

明けましておめでとうございます。北海道の冬の大イベント「さっぽろ雪まつり」、その開催が危ぶまれるほど今年は降雪の少ない年となっています。雪像作りに欠かせない汚れのない新雪は札幌近郊の町「新篠津村」より調達すると聞いていますが「特別豪雪地帯」に指定されているこの町でも例年より雪は少な目。1月に降らなければ大変な事になってしまいます。がそこは大丈夫でしょう。ひと冬を通して降る量は帳尻が合うようにできているのが北海道なのですから。

          ↑2018年の準備期間中の映像から

10月9日(水)

急に寒くなりました。収穫してもらえなかった夏野菜たちが寒そうに身を縮めています。今年もあと3か月を切ってしまったなんて誰が信じられますか?

8月28日(水)

台風の季節です。各地で甚大な被害が出ています。「災害は忘れた頃にやってくる!」停電も豪雨被害もヒトゴトではありません。つい先延ばしにしてしまいがちな「防災準備」、今こそ着手してみませんか?

平成31年4月30日(火)今日で「平成」も終わります。「平成さん」お疲れ様でした。。。

4月13日(土)

暖かい1日でした。桜が咲きそうなほど!毎日見ている新聞の天気予報欄(札幌圏)、こんなに見事に晴れマークが並ぶなんて事、滅多にありませんよね~。

4月2日(火)

時代「令和(れいわ)」が始まります。PCの文字変換は効かず(笑)。響きはとても綺麗、意味も宜しいらしい?ので、あとは名称負けしない「幸せな時代」を築く私たちひとりひとりの心遣いが大切かと思います。更に吹矢で健康に、幸せになりましょう。

2月21日(木)

このところの暖気で歩道が大きな湖化しています。先日も九州地方のような大きくくぼんだ大水溜まりに行く手をふさがれました。「厳しいな!」と思いつつ、わずかに残った岸3つを足掛かりに勢いをつけてhop!step!ju~mp~見事失敗し、九州の大海に片足がドボン。皆様もどうぞ気を付けて歩道を歩いて下さい。(管理人 川村)