北海道ブロック・ニュース

南北・北海道スポーツ吹矢協会に関する様々な話題と協会からのお知らせをお届けします。

テレビ中継のご案内

4月11日(水)午後7時30~(予定)
NHK ガッテン!「肺ストレッチで体が変わる!呼吸コントロールSP(仮)」
番組内でスポーツ吹矢が取り上げられています。
神奈川県湘南茅ケ崎支部の市川英夫さんが実験に協力してくださいました。
ぜひご覧ください!!
再放送 4月14日(土)午前0時25~(予定)
※番組内容は予告なく変更になる場合があります。
https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180411/index.html

さて、これは何点?

管理人の担当する「道新文化教室」での一コマ。管理人が「手本」として8mから5本吹いたら、1本が「ダブり」損なって画像のようになってしまいました。所謂「ぶら下がり矢」の一種です。

千歳やませみ支部のお二人、市よりスポーツ賞を受賞!


平成29年度公益財団法人 千歳市体育協会からスポーツ賞を受賞しました。
1月17日(水)千歳市ホテルグランテラス千歳で実施された千歳体育協会スポーツ表彰式で千歳やませみ支部の2名の会員がスポーツ賞を受賞しましたこの表彰式は、千歳市の体育協会に加盟している団体の会員で、北海道大会以上の大会で優秀な成績を収めた会員に、授与される賞で多くの市民の祝福を受けての受賞式でした。金浜哲朗さんは、第9回スポーツ吹矢北海道大会で準優勝 外崎敬子さんは第1回北海道ハマナス杯大会で優勝とその功績により受賞したものです。昨年に続いての受賞により、一段とレベルアップと目標が与えられ、練習にも熱気が高まっています。

フキャットぬいぐるみ、満を持して販売中!

本部、広報室扱で日本スポーツ吹矢協会のマスコット「フキャット」のキーチェーン付きぬいぐるみが発売されました。全長約9センチで筒ケースに付けるにはもってこい。南北海道協会には12個在庫があります。1体700円で発売中。

札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)に吹矢ブースを出展・実演しました!

12月18日(月)~20日(水)の3日間、札幌市に於ける市民活動団体と市民を繋げる取り組みの一環として行われたイベント『マチなか×NPO 聞いて、知って、参加して クリスマスちょこっと市」に南北・北海道スポーツ吹矢協会は「協賛」の形を取りブースを出展、用具やパンフレットを通じて吹矢を紹介する啓蒙活動を行いました。

ご存じ、地下歩行空間は、札幌駅前通りの真下にある歩行者専用地下道のある空間で、札幌市内を南北に走る市営地下鉄南北線のさっぽろ駅と大通り駅間が直線で結ばれており、その東西の両壁面に沿って広場が設けられイベント活動が出来るようになっています。18日初日、何もない空間が1時間足らずでイベントスペースに早変わりし様々なジャンルのブースが勢揃いしました。先を急ぐ人々に、吹き矢のブースの存在を知らせ、関心を持ってもらう為に、パンフレット、矢を並べ、的も高々と掲げて、頑張って呼び掛けをしてみました。

また、18日・20日は、工藤北海道ブロック長やスズラン東滝本支部長による模範演技の披露・観客の体験等も行われました。まずは、工藤ブロック長が吹矢の概要を説明します。「吹矢はただ吹けば良いのではなく、基本動作が大切です」と吹矢のポイントを伝えました。