各支部の話題
札幌Yu・Ra・Ri支部に行って来ました

札幌市清田区・平岡地区に会場を借り、ゆったり・のんびり吹矢を 楽しんでいるYu.Ra.Ri支部の皆さんを訪ねてみました。 

2015年2月から開催されて来た「スポーツ吹矢健康教室」が母体となり、「平岡イオンカルチャー教室」体験者を公認指導員に迎え、2016年12月   支部が結成されました。現在7名の会員がいます。会場は平岡地区にある マンション群「シュヴァービング」管理棟内、10Mの距離も悠に取れる  ステンドグラスの飾り窓のあるお洒落な一室です。

練習は、毎週土曜午前9時~午後1時まで、参加者は、1回参加毎に利用料(500円)を支払います。一般体験者も支部会員も同じシステムです。斬新なシステムですね。支部のモットーを伺うと

*支部に入る・入らないは強制しない(無理をしない・誘わない)

*吹矢をやりたいと思う人が続けられるような環境を作る

*道具のない人は自由に使ってもらって構わない

*自分なりに手応えを感じてから道具を揃えても遅くはない

*支部の雰囲気が良くなければ健康(特に心の健康)にはなれない

*「勝つ」より「目立とう!」

とユニークな答えが返って来ました。

「あくまでも自分は控え目に」と話す松田支部長さんですがなかなかのアイディアマンにお見受けしました。例えばこの筒入れ、外のケースより中に詰められた黒い緩衝材の方がお値段が張ると言う特注品でビシッと筒がハマるスグレモノ、画像以上に実物は立派なんですよ。

吹矢を始めて半年のSさんにお話を伺いました。肺が弱かったSさんですが、以前感じていた息苦しさが吹矢のお蔭で和らだとの事、吹く力(息)も強くなり楽しくなって来たようです。その変化は仲間の皆さんも実感されていて「姿勢も良くなり表情も明るくなって若返った」とSさんを大絶賛でした!(私も「男性なのに肌が綺麗で若々しいなぁ」と感心してました)「身体を丈夫にしたい」と始めた吹矢、効果が表れて来たのかもしれません。Sさんは平岡梅林公園に生息するホタルを自宅で育て子供たちの為に「鑑賞会」を開催しているそうです。これからも吹矢で健康増進を図り趣味を楽しんで下さいね。

人が集まるだけでは支部は作れません。準備もさることながら初期投資もかなり必要です。その壁をアイディアとやる気で乗り越えながらYu.Ra.Ri支部は運営されています。先日の全道大会の開・閉会式でも、並ぶ会員が実は1番少なかったのですが、パーフェクト達成2名・優良表彰2名と好成績を収めました。支部名「Yu.Ra.Ri」が示す「無理のないゆったり感」をモットーにしながらも、「いずれは働く人も参加しやすい夜間帯営業(いえいえ夜間の開催)も目指したい」と話す、ちょっと強面(こわもて)の松田支部長は「吹矢をやりたい人の為の環境作り」に一所懸命な実直なお人柄であり、優しく温かな雰囲気の会員の皆さんもとても魅力的でした。和やかな時間を戴きありがとうございました。
恵庭かわせみ支部に行って来ました

「恵庭かわせみ支部」は毎週土曜日2時~練習しています。会場は「大町会館」です。平成26年4月に正式に支部として認可され現在は12名の支部会員がいます。平成18年、和寒支部で初めて吹矢を体験、その後、旭川大雪支部に移り活動していた支部長の伊藤さん。吹矢を始めた当初は「猟銃用吹矢とは随分違う」と感じたそうです。また「健康効果」を知りご自身でもそれを実感されたとか。やがて恵庭市に転居した事を機に平成25年8月にサークルを結成、支部に発展させました。その際、恵庭市の鳥「かわせみ」をトレードマークに取り入れました。「かわせみ支部」のマスコットは吹矢の筒を持っていますね。

対外的には、小学校や「ツナゲルカフェ」等の地域住民活動の場を利用して体験会を行い、吹矢の楽しさを伝えています。支部練習では、基本動作の大切さを意識する為にポイントを壁に張り出したり、ユニークな練習方法を行うなど、たくさんの工夫が見られました。例えば、各人の得点の平均を出し、競い合う「年間グランプリ大会」、5本の矢を「0・1・3・5・7点」全てに当てる「ストレート」が高得点と見なされる「ポーカーゲーム」(トランプのポーカーのルールを登用)、また旅行に行った会員のお土産や自宅の畑で収穫した野菜がある時は「定山渓温泉まんじゅう争奪戦」「オロロン鳥クッキー争奪戦」「自家製きゅうり1本漬争奪戦」と言うネーミングの競技会が行われ成績上位者は温泉まんじゅうや野菜がもらえます。楽しくてやる気一杯になる試みですね。年末には手作りの軽食等を持ち寄り茶話会を開くそうです。

また、目を引いたのがお手製の筒立てです。
アラジンの魔法のランプに似たもの、かわせみを彫ったもの、かわせみがやって来そうなバードテーブルに似たもの等、皆さん器用に作られた楽しい筒スタンドがありました。最後に全員集合して戴き、訪問記念の1枚をパチリ!私はお土産に温泉まんじゅうを頂戴してお暇(いとま)しました。たくさんお話を聞かせて戴きありがとうございました。

北広島エルフィン支部便り(11月7日

6角形の的スペア 6角形は合理的な裁断?            

練習が積み重なると的も中心部が集中的に傷みます。
こんな形のスペア的があるんですね(上)。    ちょっと遊んでみたりして(下)。怒られますか!


北広島エルフィン支部便り(10月31日)

いつもの練習風景に大角さん参加!

ふらりと訪問して下さったスズラン支部大角さん。
支部長との打ち合わせも済んだ様子、
せっかくなので会員に技術指導をして戴く事に。
カルチャースクールを多数受け持つ大角さんは
会員の個性を即座に掌握し的確な指導をして下さいました。
早速I会員がトライしてみました。 

本人も気が付かなかった点を的を示しながら解りやすく伝える   大角さん。I会員に話を聞いてみました。

「緊張しました(笑)。私の矢があちこちに行くのは
目線が定まっていないからだそうです。
なので目線を動かさないようにとの事でした。
そして見るポイントを具体的に教えてくれました。
それから私は空気が吸えていなかったようで
教えてもらった通りに息を吸ったら
矢が力強く刺さり、刺さった深さも変わりました」

N会員の場合、筒を口にくわえる時の微妙な息遣いを
教わったそうです。スポーツ吹矢の基礎を成す呼吸ですね。
今まではくわえる時に息が漏れてしまっていたようでした。
指導の通りに実演してみると、5本中4本が7点に入ったそう。
いつの間にか身に付いてしまった正しくない動作が
癖となり結果を左右していたようです↓

自分の動作、癖は、自身では解らないものです。
他人が見て、それに気付く事もあるにはありますが
経験を積んだ指導者ならば即座に
その人の動作の癖を見抜き
的確な指導が出来るものなんですね。
大角さん、ありがとうございました。 

今日は4人のパーフェクト達成者が出ました。        まずは大角さん、2回出ました↓

次はS会員、同じく2回、しかも3本重なりました↓

N会員は先週から通算5回目の達成です↓

T会員。やりましたね~↓

最後になりますが、こんな商品が販売されていたんですね~。女性軍に可愛いと評判でした。欲しいと言う話になり「エルフィン杯」の景品になればと思い支部長に陳情してみました。さて、願いが叶うか?フキャットのアメチャンも更に可愛いのではないかと盛り上がりました↓

北広島エルフィン支部便り(10月22日)

紅葉真っ盛りの秋の日、実演と体験会を行いました。

先週の火曜日の定例練習日にはこんなに赤くなっていなかった会場「ともに」の玄関前のもみじの木です。

今日は支部が練習会場をお借りしている「ともに体育館」にて
地域団体が発表会を行いました。観て戴くのは「ともに」隣接の高齢者施設に 入居されている皆さんとそのご家族や地域の皆さんです。さぁ実演が始まりました。

会場の皆さん、息をのんで静まり返って矢の行方を見つめます。

結果は33点、31点と高得点やビンゴ1ペアを達成して拍手を戴きました。次に会場から希望者に体験をしてもらいました。皆さん、初めて筒を持ち吹いた、との事ですが的に当てて満足されておりました。わずかな時間ではありましたが「吹矢」というスポーツを実際に見て戴き少しでも周知できたと思います。地域団体の活動を「学芸会」と言う表現を用いて入居の方々にお披露目する「ともに」の試みは素晴らしいと感じました。

千歳かわせみスポーツ吹矢大会 開催

秋晴れの10月14日、千歳かわせみ支部(伊澤 勲支部長)にて「第一回千歳やませみスポーツ吹矢大会」が開催されました。これは千歳体育協会の推奨する「体育の日記念」イベントの一環で、今年が初の開催になります。

千歳支部会員にはお馴染みの「鉄東コミュニティセンター」の体育館を全面使い、余裕を持った5レーンでの競技会になります。時節柄、施設内に暖房が入らず10月としては寒い中での競技でしたが、センター側の配慮で競技途中から体育館内には暖房が入り、快適な空間で参加選手は午前中・個人戦6ラウンド・お昼休みを挟み午後から団体戦を戦い、日頃の練習成果を競っていました。

               支部大会とは思えない豪華な賞品の数々!

          秋晴れの1日、総勢18名が和やかな雰囲気の中で腕を競い合います。

              伊澤支部長より入賞者に賞状と賞品が贈られます。

今日の札幌スズラン支部

体調不良で暫くお休みしていたJ女子とTさん、北海道を離れていたSさんが久しぶりに支部に顔を出しました。狭い道場で床に座り込んでの世間話に花が咲く光景。これがスズラン、私の支部です。(報告:スズラン支部会員 K-0)