北海道ブロック・ニュース

南北・北海道スポーツ吹矢協会に関する様々な話題と 協会からのお知らせをお届けします。

2017ゆるキャラGP結果発表
「企業・その他枠」477体中101位でした。フキャット健闘しました。

ハマナス杯大会の模様が北海道新聞に掲載されました
1位決定戦の白熱した雰囲気が伝わって来ますね。                      詳細は2つ下の記事をご覧ください。

当別町とスウェーデン・レクサンド市、姉妹都市提携30周年記念行事にスポーツ吹矢体験

南北海道・当別アウル支部(鈴木智久支部長)は当別町と姉妹友好関係を結ぶ、スゥェーデン王国・レクサンド市と姉妹提携都市30周年記念行事にスポーツ交流の一環として、スポーツ吹矢の体験会を10月29日に行った。

両市町は当別町内の「スウェーデンヒルズ(住宅地)」の誘致を機に、1987年10月に姉妹都市提携を結んだ。 レクサンド市はスウェーデン中部にある人口約1万5千人の自治体。

節目の年に両市の町の住民が相互訪問しており、前回は5年前に当別町の訪問団がレクサンド市を訪れ、今回はレクサンド市より60名の訪問団が訪れた。

北海道の会員には全道大会の会場として馴染み深い「当別町総合体育館」でスポーツ交流として剣道・柔道・剣道の日本を代表する3種目の実演説明があり、スポーツ吹矢はその中の一つとして取り上げられ実際に体験してもらえる種目として大いに注目された。

参加者は生まれて初めての体験に目を輝かせ夢中になっていた。

訪問団のレクサンド市のウルリカ・リリエベリィ市長は「35周年には当別町の皆さんをもてなしたい。40年、50年とこの交流を継続していきたい」と話していた。