ニュース

南北海道スポーツ吹矢協会に関する様々な話題と協会からのお知らせをお届けします。


 

第2回北海道レディス大会、当別町にて開催

6月の晴天の下、昨年に続き当別町総合体育館にてレディス大会が行われました。道内各地から腕に自慢の女性会員が、日頃の練習の成果を発揮すべくスポーツ吹矢のメッカ、当別町に集いました。3クラスで行われた今大会、50名オーバーの参加者があり北海道ブロックの「女性パワー」を感じられる大会となりました。

協会本部より高木広報室長も来道され「北海道の基本動作の美しさ」について大変関心されていました。

10mクラスで札幌スズラン支部・斎藤純子5段が見事2連覇されましたが、他クラスでは新しい方の躍進も目立ち、大会委員長より来年以降の開催も宣言され盛会のうちに幕を閉じました。

画面右より優勝・斎藤5段、準優勝佐藤5段、三盃5段。所謂「北海道女子の3トップ」

北海道協会主催・公認指導員試験の開催

・5月27日、雨模様の天候の札幌市内で、公認指導員試験が行われました。

 今年4月から施行の基本動作新規準体制後、初の公認指導員試験です。

 道内各地より6名の会員が受験に挑みました。筆記試験・指導力試験・実技試験が厳しい審査の元で行われました。各支部で「なんとなく」体験者や初心者に教えるのとは違い、試験官の前で「的確な」アドバイスをしなけらばならず、参加の皆さんは緊張の面持ちで試験に臨んでいました。数か月後には新しい公認指導員が6名誕生する事でしょう。